読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんか

平凡たる日々

「俺は天下の色男」を名乗る上別府にだまされてあげるホステスの優しさに泣いた。


あと「上別府容疑者をよく知る男(伯爵髭※先がくるんと丸まった口髭。昔のマンガにでるサーカスの団長)」の人気に嫉妬。