読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在、京都の友人の結婚式に出席するために関西の実家に帰ってきています。
そして家から駅に向かうバスに乗っているのです。
暇なので伊集院光の「深夜の馬鹿力」のポッドキャスティングを聞いているのです。
私の座席から前を見ると運転席の上にあるミラーから二名のおばさまが見えるのです。
おばさまは会話が盛り上がっているらしく身振りがなかなかに激しく動いてらっしゃるのです。
さらに二人の関係は私のみるところ「話し手」「聞き手」に分かれているのです。
聞き手のうなづきがポッドキャスティング内の構成ワタナベを思わせるタイミングと一致していてとてもよいのです。




僕は元気です。